さいたま市立神田小学校
   校長 内野 多美子

 本校は、さいたま市西部の桜区にあり、校区は中央区と接しています。田畑が点在する緑豊かで閑静な住宅地の中にあります。

 正門を入るとすぐ左脇に、学校のシンボルである「くすのき」の大木が葉を繁らせています。その先には芝山、校庭の周辺には緑のグリーンベルトがあり、休み時間などは、喜んで飛び回る子どもたちのすがたが多く見られます。また、正門入って右脇には池があり、鳥のさえずりや四季折々の草花を楽しむことができます。校舎は鉄筋4階建てで、廊下の長さは、100メートルあり、児童数は464名、17学級、教職員数45名の中規模校です。
 今年度は神田小学校創立40周年にあたります。

 
 平成29年度の学校教育目標は、以下のとおりです。

 

 学校教育目標

人間性豊かで21世紀をたくましく生きる神田の子

 

(知)

かしこく
自ら判断し実践する子

(体)

たくましく

心身ともにたくましい子

(徳)

あたたかく

思いやりのある子

児童像

・話の聞ける子

・考えて行動する子

・自ら学ぶ子

・進んで体を動かす子

・くじけないで最後ま でがんばる子

・自ら健康で安全な生 活をおくる子

・あいさつのできる子

・人に優しくできる子

・なかよくする子


今年度も、学校教育目標の達成を目指し、一人ひとりの子どもを大切にしながら、個性や可能性を伸ばしていけるよう、『すべては、「神田の子の希望をはぐくむために」』を合言葉に教職員一同、力を合わせて努力してまいります。多くの皆様のご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。 


29年度重点目標
・ 話の聞ける子の育成
・ 自ら健康で安全な生活をおくる子の育成  朝清掃 立腰 睡眠
・ 人に優しくできる子の育成
※ユニバーサルデザインによる教育環境の整備
※ICT機器を活用した授業の工夫改善
※創立40周年記念事業の充実